リフォーム済みのお部屋を借りるには

安価で掘り出し物も見つかるかも!リフォーム物件のポイント

理想の水回りになっている場所のチェックポイント

トイレなどの流れを確認することは重要

テレビでも賃貸物件を扱うバラエティー番組もある為、この項目に関してはなんとなく想像がつく方も多いのではないでしょうか。
リフォーム等の中でも、見た目だけでは分からない部分である為、賃貸初心者の方や住み替え経験が浅い方は、あまり気にしないのかもしれません。

しかし、チェック項目は隠れた場所にもあるのです。
それはトイレ等の水の流れなどを確認する事です。
水の流れが異常に遅かったり、タンクに水が溜まるまで非常に時間がかかる場合、配管等にまでメンテナンスが行き届いていない事が多いからです。
出来れば、物件見学等の場合に、一度トイレの水を流してみる事をお勧めします。
その際、気になるようであれば、貸主に配管等について聞いてみると良いと思います。

バスルーム等の確認事項

トイレの配管に加えて、バスルーム等の水回りについてもいくつか確認する事をお勧めしたい事があります。

配管の太さ等について、築年数が経って古いものであれば、配管の太さ等の違いもあり非常に水はけが悪い場合があります。
また、排水管が細い・古いのであれば、破損等の問題もある為、キッチンの下部分を開けてみることや、手洗い場に水を溜めて流してみてもよいでしょう。
配管がイマイチの場合であれば、そこから悪臭が発生する可能性も考えられます。
いくらパイプ専用のクリーニング剤を散布しても、構造上も問題であれば解消の方法もなくなりますので、その部分に関しては十分な聞き取りが必要かと思います。
すこし見逃しそうになる見えない部分についても、綺麗にリフォームされている物件だからこそ、慎重な観察が大切ですね。


このコラムをシェアする